ワキガになる原因と脱毛によりワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛がワキガにもたらす影響とは

ワキガが気になる女性
脇毛が長い人や脇の手入れを怠る人ほど、ワキガになりやすくなります。
なぜなら、脇毛が長いとアポクリン腺から出る汗がつくことで雑菌が多く繁殖し、脇の手入れを怠ると脇に汗がつくからです。

よって、日頃からワキガを対策するならば、毎日風呂に入ったりシャワーを浴びて脇を綺麗に洗うことで、ワキガの臭いを抑えることもできます。

けれども、脇毛が長いと脇毛につく汗の量が多くなるので、脇がベタつきやすいです。

かといって、誤った自己処理を脇毛に施すと、肌や毛穴を傷つけるのでワキガを悪化させることになります。

特に、アポクリン腺は脇毛と一体化しているので、毛抜きで抜くとアポクリン腺を活発化させてアポクリン腺の汗が出る量が増します。

そのため、ワキガに追われずに自己処理で脇毛を処理できない場合は、脱毛するのがお勧めです。

肌や毛穴を傷つけずに毛根を破壊

脱毛に使われる光やレーザーには、メラニンに反応する性質があるので、肌や毛穴を傷つけずに毛根を破壊できます。

さらに、毛根周辺で可視光線による熱が毛を伝わって毛穴にこもるので、アポクリン腺に熱によってダメージを与えることができます。

その影響により、アポクリン腺から出る汗の量が減るので、脱毛によってワキガの臭いを改善できます。

また、脱毛は脇毛を生えにくくすることができる上に、脇毛が生えなくなれば脇の毛穴を引き締めることが可能です。

なので、脱毛を受けるほど脇が清潔な状態になるだけでなく、脇毛を自己処理する手間を無くすこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*