レーザー脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レーザー脱毛のデメリット

近年で主流の脱毛方法となっているレーザー脱毛ですが、そんなレーザー脱毛について悪い面もしっかりと知っておく必要があると思います。

まったく知らない状況で、やってみて公開するのはよくないことだと考えられます。

そこで、レーザー脱毛のデメリットについてしっかりとみていきたいと思います。

1 日焼けをした肌などには利用ができない

 レーザー脱毛は黒色の色素に反応しやすいものですから、やけどなどのリスクがあります。

施術前に日焼けなどをしないようにしておかないと、施術自体を利用できません。

 また、黒の色素に反応しますので、成長期の毛に対してのに効果が期待できるものでありますから、そうでない産毛や白髪などには効果を期待できません。

2 激痛箇所もある

 また、この施術方法ですと、施術中に激痛が走ることがあります。

麻酔などを使って痛みを抑えることもできますが、肌の薄いところなどはかなり痛みを伴います。

3 毛の処理が限られる。

 前述のっ取ムダ毛の周期に合わせてレーザー照射を行うものです。

ですので、毛を抜いて処理してしまったりしますと、色素のうすい毛ばかりになり、施術効果が得られなくなります。

また、レーザー治療は肌を傷つけるようなものでもありますから、かみそりなどで毛を処理すると

肌をより傷つけやすくなってしまい増すため、電気シェーバーなどでなるべく肌を傷つけないようにしないといけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*