2017年 11月 の投稿一覧

脱毛サロンの勧誘をはっきり断るには

脱毛サロンの勧誘を断るには

勧誘を断る女性
脱毛サロンを利用しようと検討している人の中には、脱毛サロンは勧誘が多い場所と認識している人もいます。

なぜなら、脱毛サロンでは勧誘がない店舗の方が珍しいからです。

さらに、勧誘に力を入れるあまりに契約されることだけしか考えていないスタッフもいるので、脱毛したくても脱毛サロンの利用を避ける人もいます。

それでも、勧誘を上手く断ることで自分に合ったサロンかどうかを確認するのが大切です。

それは、勧誘されるがままに契約すると、本来利用しようと検討していない脱毛サロンに通うことになるからです。

っきりと自分の意見を言うのが重要

脱毛サロンの店舗数が増加している影響により、新規のお客様を確保するのに必死な店舗が増加しています。

なので、勧誘によって無理やりお客様を確保している店舗は、お客様の立場を考慮していない店舗であることが多いです。

そのため、脱毛サロンの勧誘を断る場合は、はっきりと自分の意見を言うのが重要となります。

特に、値段の安さを重視する脱毛サロンでは、キャンペーンをメインに高いコースに契約させようと必死な傾向があります。

なので、勧誘を断る場合は自分の受けてみたい施術内容と異なるので、すぐには契約できないという旨を伝えるのがお勧めです。

なぜなら、家で契約すべきかを検討する時間を確保することで、自分の通いたい脱毛サロンであるかもしれないと確認できるからです。

よって、脱毛サロンの勧誘を上手く断ることは、自分に合った脱毛サロンを見つけ出すのに大切となります。

産後の脱毛では脱毛サロンに通うのはもったいない?

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
産後の脱毛においては脱毛サロンに通うことを考えている人もいると思いますけど、産後の脱毛においてそういったところを利用するのはちょっと考えてからの方が良いと思います。

なぜか?というと、産後というのは一時的に体毛が濃くなっている状態のケースがあって、一定期間を過ぎると元に戻るということがあるのです。

つまり、産後になって毛が濃いと感じたとしても、それは時間が経過すれば勝手に元に戻る可能性があるということであり、あえて脱毛サロンに行って脱毛をしてもらわないといけないというほどではない可能性もあるのです。

長期的な視点で考える

結果的に自宅での脱毛で全然問題がないと言える場合があるということを考慮すると、そういった長期的な視点で見ていった方が良い場合があるということになります。

脱毛サロンで脱毛をしてもらうとなれば、お金も多くかかりますし、時間も多くとられることになります。

しかし、そこまでかけて脱毛をする意味というのがない可能性もあるので、産後の脱毛については、体毛が濃い状態だとしてもそれが薄くなっていく可能性がありますから、当分は様子を見ていくと良いのではないでしょうか?

しばらくは家で脱毛をしていって、そのうえでずっと待っていても変わらないという場合には脱毛サロンなどで脱毛してもらうと良いと思います。

埋没毛ができる原因とリスクの低い埋没毛の処理について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
無駄毛を処理する際に、誤った自己処理によって肌の表面を傷つけると、皮膚の中で埋没毛ができる原因となります。

埋没毛は、肌の表面に毛が出てこない状態となるので、毛抜きで無理やり抜いても埋没毛を改善することができません。

その上、剃刀での自己処理だと埋没毛を取り除くために皮膚を削ることになるので、埋没毛が悪化することになります。

そのため、埋没毛を処理するには、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがリスクの低い方法となります。

他にも、エステに通って光脱毛を施してもらうことで、肌に負担を掛けずに安全に埋没毛を処理することができます。

さらに、レーザー脱毛と光脱毛は、埋没毛だけでなく無駄毛を処理することも可能となるので、自己処理に割く手間を省くことができます。

そのため、無駄毛が生え毛にくくなることで埋没毛が出来なくなるので、埋没毛の対策に繋がります。

クリニックやエステでの脱毛で埋没毛を予防

また、クリニックやエステでの脱毛は自己処理と違って、埋没毛ができる恐れがないので埋没毛の予防になります。

その影響によって、クリニックやエステで脱毛を施してもらうと、毛嚢炎や色素沈着が起こる心配が無くなります。

ちなみに、レーザー脱毛は医師によって行われる脱毛となるので、施術中に肌のトラブルが起きてもすぐに対応してくれます。

リスクの低い埋没毛の対策と予防になるクリニックやエステでの脱毛は、脱毛に行く時間と費用を確保できれば確実に受けることが可能となります。

脱毛サロンで施術を受けてアンダーヘアを脱毛した後に注意したい3点

アンダーヘアの脱毛
脱毛サロンで施術を受けてアンダーヘアを脱毛した後はデリケートゾーンがツルツルになっていて通気性が良くなります。それで蒸れにくくなり快適に日常生活を送る事が出来るようになります。しかし施術を受けた後は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで脱毛サロンで施術を受けてアンダーヘアを脱毛した後にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

施術後の1週間の入浴はシャワーで済ませる

日常生活の中で毎日入浴をしますが、脱毛サロンで施術を受けた後は肌が熱を帯びた状態になっているので熱いお風呂に入ってしまうとデリケートゾーンが火傷してしまう可能性があります。それによりデリケートゾーンがヒリヒリして痛みが出てしまうので施術後の1週間の入浴はシャワーで済ませるようにしましょう。

デリケートゾーン専用のクリームでケアをする

脱毛サロンで施術を受けてアンダーヘアを脱毛した後は肌に負担がかかっているのでそのままにしておくと肌トラブルが起きてしまう事もあります。施術後の1〜2週間はデリケートゾーン専用のクリームを塗ってデリケートゾーンをしっかりケアする事が大切になってきます。

大量の汗をかかないようにする

激しい運動をしたりサウナに入ったりすると大量の汗をかきますが、デリケートゾーンは皮膚が薄いので刺激を与えてしまいます。特に施術後は敏感になっていて痒みが酷くなる事があるので施術後の1週間は大量の汗をかかないようにしましょう。

ワキガになる原因と脱毛によりワキガを改善できる理由

脱毛がワキガにもたらす影響とは

ワキガが気になる女性
脇毛が長い人や脇の手入れを怠る人ほど、ワキガになりやすくなります。
なぜなら、脇毛が長いとアポクリン腺から出る汗がつくことで雑菌が多く繁殖し、脇の手入れを怠ると脇に汗がつくからです。

よって、日頃からワキガを対策するならば、毎日風呂に入ったりシャワーを浴びて脇を綺麗に洗うことで、ワキガの臭いを抑えることもできます。

けれども、脇毛が長いと脇毛につく汗の量が多くなるので、脇がベタつきやすいです。

かといって、誤った自己処理を脇毛に施すと、肌や毛穴を傷つけるのでワキガを悪化させることになります。

特に、アポクリン腺は脇毛と一体化しているので、毛抜きで抜くとアポクリン腺を活発化させてアポクリン腺の汗が出る量が増します。

そのため、ワキガに追われずに自己処理で脇毛を処理できない場合は、脱毛するのがお勧めです。

肌や毛穴を傷つけずに毛根を破壊

脱毛に使われる光やレーザーには、メラニンに反応する性質があるので、肌や毛穴を傷つけずに毛根を破壊できます。

さらに、毛根周辺で可視光線による熱が毛を伝わって毛穴にこもるので、アポクリン腺に熱によってダメージを与えることができます。

その影響により、アポクリン腺から出る汗の量が減るので、脱毛によってワキガの臭いを改善できます。

また、脱毛は脇毛を生えにくくすることができる上に、脇毛が生えなくなれば脇の毛穴を引き締めることが可能です。

なので、脱毛を受けるほど脇が清潔な状態になるだけでなく、脇毛を自己処理する手間を無くすこともできます。