2016年 3月 の投稿一覧

光(フラッシュ)脱毛とは

●光脱毛の特徴

光脱毛はとくに最近では脱毛サロンのほとんどが扱っている脱毛方法になっています。

とくに他の脱毛方法よりも肌への刺激が少ないということで、多くの女性が気軽にはじめるようになっています。

価格設定の安さも気軽にはじめることができる要因になっています。

●光脱毛のメリット

とくに光脱毛は施術の時間が短いということで知られています。

一回の照射で広い範囲にアプローチしていくことができるためです。

ですから仕事や家事などで忙しい女性にも向いている脱毛方法だということができます。

とくにいまでは脱毛サロンは世の中にあふれています。

全国各地に散在していますから、自宅や職場から通いやすいサロンをみつけやすいということができます。

こういった通いやすさや通ううえでの負担の少なさも、光脱毛の魅力だということができます。

とくに光脱毛は安くしていくことのできる脱毛方法です。

こういった意味でも負担の少ない脱毛方法だということができます。

とくに両わき脱毛などは少ない料金と少ない施術時間でしていくことができますから、とくにこれから脱毛をはじめるという方にはうってつけの部位だということができると思います。

●光脱毛のデメリット

デメリットはとくに1回あたりの施術時間が短くても、施術に通う回数が多くなりがちだということです。

こうなってくると、とくに施術に通うこと自体を負担に感じてしまうというひとも多いです。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛のデメリット

近年で主流の脱毛方法となっているレーザー脱毛ですが、そんなレーザー脱毛について悪い面もしっかりと知っておく必要があると思います。

まったく知らない状況で、やってみて公開するのはよくないことだと考えられます。

そこで、レーザー脱毛のデメリットについてしっかりとみていきたいと思います。

1 日焼けをした肌などには利用ができない

 レーザー脱毛は黒色の色素に反応しやすいものですから、やけどなどのリスクがあります。

施術前に日焼けなどをしないようにしておかないと、施術自体を利用できません。

 また、黒の色素に反応しますので、成長期の毛に対してのに効果が期待できるものでありますから、そうでない産毛や白髪などには効果を期待できません。

2 激痛箇所もある

 また、この施術方法ですと、施術中に激痛が走ることがあります。

麻酔などを使って痛みを抑えることもできますが、肌の薄いところなどはかなり痛みを伴います。

3 毛の処理が限られる。

 前述のっ取ムダ毛の周期に合わせてレーザー照射を行うものです。

ですので、毛を抜いて処理してしまったりしますと、色素のうすい毛ばかりになり、施術効果が得られなくなります。

また、レーザー治療は肌を傷つけるようなものでもありますから、かみそりなどで毛を処理すると

肌をより傷つけやすくなってしまい増すため、電気シェーバーなどでなるべく肌を傷つけないようにしないといけません。

ニードル脱毛とは

●ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛はとくに毛穴に針を刺したうえで電気を流していく脱毛方法になっています。

こういったところから、かなり脱毛効果が高い脱毛方法として知られています。

●ニードル脱毛のメリット

とくに脱毛効果が高いということで、脱毛効果を実感しづらい部位の脱毛にあっては、このニードル脱毛を検討するひとが多いです。

とくにニードル脱毛は高い技術が必要になります。

そして技術の高いスタッフによる施術であれば、文字通りの永久脱毛的な効果を得ることができます。

他の脱毛方法ですと、いったん毛が生えなくなってもまたすぐに再生してしまったりするわけです。

しかしニードル脱毛であればそういったことがなく、永久的な効果を得ることができる可能性が高いです。

こういった脱毛効果の高さがニードル脱毛の最大の魅力だということができると思います。

とくに最近では懸念されたいたニードル脱毛の肌へのダメージという問題も改善されてきています。

とくに施術後にはしっかりとしたケアを行なっているクリニックも増えていますから、以前にも増してニードル脱毛による肌へのダメージというものは少なくなっているということができます。

ですからとくに肌に負担をかけたくないひとにもおすすめです。

●ニードル脱毛のデメリット

反面、ニードル脱毛は痛みが強いということもいわれていますから、とくに痛みが苦手だというひとにはあまりおすすめできません。

脱毛施術後に注意すること

脱毛後は、使う化粧品にも気を付けてみるとよいです。

女性の方で顔の脱毛をされる方は、脱毛後に肌に負担のない化粧品を使う必要があります。脱毛後には、お肌がいつも以上に敏感になっているので、低刺激の化粧品を使うようにしましょう。いつも使っている化粧品でも、刺激を感じなければそのまま使っても問題はありません。ただ、いつもの化粧品が刺激となってしまうときには、敏感肌やアトピー肌対応の化粧品を使うと、刺激に対する不安もなくなってきます。肌に対して余計な刺激を与えないケアを一番に考えてみるとよいです。

また、脱毛した後に化粧を行うこともできますが、濃い化粧や落ちにくい化粧は控えてみるとよいでしょう。濃すぎるメイク用品を使ったり、ウォータープルーフの化粧品を使うと、石鹸だけでは落とすことができません。洗浄力の強いクレンジングを使わないといけなくなり、肌に余計な刺激を与えることになるのです。脱毛した後には、状態が安定するまで軽めの化粧をしたり、落ちやすいミネラルファンデーションを使って化粧を行うとよいです。

最後のポイントとして、外に出るときには必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。脱毛後のお肌は軽く炎症を起こしていますが、その状態で光に当たるとお肌に対しての影響も深刻になってしまうのです。日焼けしてしまうだけではなく、黒く跡が残るようになってしまい美しさも損なわれてしまいます。脱毛後の外出時には、必ず日焼け止めを塗りましょう。